ここから本文です

不良役アントニーの決闘シーン「いかにアントニーを貶めるか」監督のこだわり

7/11(火) 13:16配信

お笑いナタリー

マテンロウ・アントニーが出演するR15+指定映画「獣道」のメイキング映像がYouTubeにて公開された。

【写真】マテンロウ・アントニー出演シーン。(他2枚)

「下衆の愛」の内田英治がメガホンを取った「獣道」は、地方都市を舞台に宗教団体、育児放棄、性産業などに翻弄される少年少女の姿を描く青春ブラックコメディ。自分の居場所を探し風俗の世界に身を投じる少女・愛衣を伊藤沙莉が、愛衣に思いを寄せる少年・亮太を須賀健太が演じる。

メイキング映像はアントニー扮する番長・堅太が決闘に臨むシーンの撮影直前の様子などを収めたもの。アントニーが「アントニーの初俳優作品です。こっからもしかしたら、ハリウッドスターになるかもしれませんよ!」と自信満々にコメントしている一方で、内田監督は「一番気にしたのは『アントニーをカッコよく見せないこと』でした(笑)。お笑い芸人とはいえ、番長役で、不良少年たちを引率する姿が西海岸のラッパーのようで。カッコいい不良は好きじゃないので、いかにアントニーを貶めるか、そればかり考えていた乱闘シーンでした」と回想している。

「獣道」は7月15日(土)、東京・シネマート新宿ほか全国で公開される。

(c)third window films

最終更新:7/11(火) 13:16
お笑いナタリー