ここから本文です

テスラのライバル、1000馬力のEV ルーシッド…最高速378km/hを記録

7/11(火) 19:15配信

レスポンス

米国シリコンバレーに本拠を置くEVベンチャー企業、ルーシッドモーターズは7月10日、EVの『ルーシッド・エア』(Lucid Air)が最高速計測を行い、378km/hの最高速を記録した、と発表した。

画像:ルーシッド エア

今回、最高速計測を行ったのは、ルーシッド・エアの「ローンチエディション」。モーターは、最大出力1000hpと非常に強力。1回の充電で、最高500km以上を走行できる実用性も備えている。

また、自動運転に対応するハードウェアも搭載。米国でのベース価格は10万ドル(約1140万円)以上という高級スポーツEVとなる。ルーシッドモーターズは、同じく米国のファラデーフューチャー社とともに、テスラのライバルになり得る存在といわれる。

今回ルーシッドモーターズは、オハイオ州の交通研究センター(TRC)に、ルーシッド・エアの「アルファ」と呼ばれるプロトタイプを持ち込み、スピードリミッターを解除して、最高速を計測した。

その結果、378km/hの最高速を記録。同社は、「ルーシッド エアは妥協のないEVであり、驚異的なパフォーマンスとダイナミクスを提供しながら、贅沢な体験のために素晴らしい空間と快適さを実現した。今回のテスト結果が、その証拠になる」とコメントしている。

《レスポンス 森脇稔》

最終更新:7/11(火) 19:15
レスポンス