ここから本文です

国民体育振興公団と大韓産業保健協会、スポーツ福祉サービス拡大に向けMOU締結=韓国

7/11(火) 14:12配信

WoW!Korea

韓国国民体育振興公団(理事長職務代行:キム・ソンホ)が10日午前11時、ソウル・芳夷洞(バンイドン)オリンピックパークテルで大韓産業保健協会(会長:チェ・スホン)と国民スポーツ福祉サービス拡大のための業務協力MOU締結式をおこなった。

 今回の協約を通じて国民体育振興公団の国民体力100体力認証センター37か所と大韓産業保健協会の産業保健センター17か所が連携される。

 これを通じて、科学的体力測定およびオーダーメード型運動処方、体力増進教室など国民体力100サービスを提供し、相互広報チャネルの共有、共同事業アイテム開発および協力等で国民健康とスポーツ福祉サービス増進に貢献できることになった。

 一方、“国民体力100”事業はこの間、公共機関主導で推進されてきたが、今年の下半期から民官協業を通じて民間スポーツセンターにも事業を拡張させていく予定だ。

 国民体力100事業は国民を対象に体力測定、オーダーメード型運動処方、体力増進教室など科学的体力管理プログラム提供を通した国民健康増進を企てる事業で、全国37の体力認証センターと1の出張専門担当班を運営している。

最終更新:7/11(火) 14:12
WoW!Korea