ここから本文です

auの新料金プラン、「テザリングオプション」に月額500円が発生

7/11(火) 12:18配信

ITmedia Mobile

 KDDIが7月14日から提供する新料金プラン「auピタットプラン」と「auフラットプラン」は、従来プランと比較して月額料金を下げやすくなったが、注意点もある。それはテザリングオプションだ。

【テザリングの料金】

 auピタットプランとauフラットプランでは、テザリングを利用するには、月額500円(税別)の料金が別途掛かる。2018年3月末まではキャンペーンにより無料だが、4月以降はオプションを解除しないと、月額500円が自動で発生する。

 従来プランの「データ定額20/30」でも、テザリングオプションに月額1000円(税別)が発生し(こちらも2018年3月末までは無料)、物議を醸していた。500円安いとはいえ、auフラットプランでもテザリングの利用に別途料金がかかるのは、ちょっとしたワナともいえる。

 現在提供されている「データ定額1/2/3/5」ではテザリングオプションは無料なので、テザリングを利用しているユーザーが、データ定額1/2/3/5からauピタットプランに変更すると、2018年4月以降は500円が加算されてしまう。

 KDDIの田中孝司社長は、データ定額20/30のテザリングオプション料金について「来年(2018年)の春以降、無料にするかどうかは、もう少し考えさせてほしい。市場も変化しつつあるので、そのときになったらどうするかを考えていきたい」と発言していたので、ひょっとしたら、新プランの500円も無料になるかもしれないが、注意点としてとどめておきたい。

最終更新:7/11(火) 12:18
ITmedia Mobile