ここから本文です

清水聡が10月にOPBF王座挑戦 自慢の「ダイヤモンド・レフト」で勝利誓う

7/11(火) 16:55配信

東スポWeb

 ボクシングのロンドン五輪バンタム級銅メダリスト・清水聡(31=大橋)が、10月2日に後楽園ホールで東洋太平洋フェザー級タイトルマッチに臨むことが11日、発表された。同級王者ノ・サミュング(25=韓国)に挑戦する。プロ4戦目で東洋太平洋王座獲得となれば、田中恒成(22=畑中)に続く最速タイ。

 所属ジムで会見を開いた清水は「まさかこんなに早くタイトルマッチに挑戦できるとは思わなかった。僕のダイヤモンド・レフトでしっかり勝って次につなげたい」と抱負を語った。

 ノは6月に前王者・竹中良(32=三迫)の4度目の防衛を阻止し、王者に輝いた。試合を観戦していた清水は「実力がある選手だと思った。ガンガン入ってくるので、自分の左で止めたい」と意気込んだ。

最終更新:7/11(火) 16:55
東スポWeb