ここから本文です

JASRAC、全国初のBGM差し止め・損害賠償を請求 理容店など2店舗に

7/11(火) 14:28配信

ITmedia NEWS

 日本音楽著作権協会(JASRAC)は7月11日、音楽著作物の手続きをしないまま違法にBGMを利用しているとして、理容店(北海道札幌市)と飲食店(香川県高松市)の2店舗に対し、著作物の使用禁止(差し止め)と損害賠償を求める訴えを提起した。同様の提訴は「全国初」(JASRAC)という。

 JASRACは、これらの店舗に「再三にわたり利用許諾契約を締結するよう求めてきた」という。2015年には民事調停を申し立てたが、両店とも契約に応じず「現在も無断で利用しているため、調停ではなく本案訴訟に踏み切った」(JASRAC)としている。

 JASRACは2015年以降、無許諾でBGMを利用する施設への全国一斉法的措置を実施。15年には171事業者・258施設、16年には187事業者・212店舗、17年6月には178事業者・352店舗に対し民事調停を申し立てた。

最終更新:7/11(火) 14:28
ITmedia NEWS