ここから本文です

ZMP、日の丸交通と「レベル4 自動走行タクシー」について議論する研究会を設立

7/11(火) 13:52配信

Impress Watch

 ZMPと日の丸交通は7月11日、無人の完全自動運転(レベル4)の自動走行タクシー実現に向けた推進研究会「レベル4推進研究会」を設立した。

 レベル4推進研究会では2020年の自動走行タクシーの本格営業開始を目指し、自動走行タクシーに関する法規制や料金体系、走行エリアなどについて議論するとしており、ZMPと日の丸交通をコアメンバーとしつつ、ほかのタクシー会社にも広く参加を呼び掛けていく。

 両社はこの研究会を通じ、タクシー業界が抱えているドライバー不足に対応するほか、より便利なタクシーサービスの実現によって利用者の増加を実現してタクシー業界全体の発展を目指す。

 また、日本政府の「未来投資戦略2017」でも2020年の無人自動走行による移動サービスの実現が目標に掲げられており、事業化に向けた実証を可能にするよう整備すると明示されているなど、政府による成長戦略に沿った取り組みになっていると両社では紹介。発表内では経済産業省 商務情報政策統括調整官 吉本豊氏による「東京五輪に向け、自動運転技術がタクシーサービスとなり、商業化していくことは大変重要であると考えます。日本政府としても無人自動走行による移動サービスを2020年に実現することを目指しており、その目標達成に向け本研究会とも協力関係が発展していくことに期待しています」とのコメントを掲載している。

Car Watch,編集部:佐久間 秀

最終更新:7/11(火) 13:52
Impress Watch