ここから本文です

【神戸】ポドルスキ「練習に集中したい」…直接取材一時中断

7/11(火) 5:08配信

スポーツ報知

 神戸の元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキ(32)が10日、最短デビューの大宮戦(29日・ノエスタ)に向けて集中モードに入った。6日の来日から取材に応じてきたが、本人の意向で直接取材は一時中断されることが決まった。

 関係者は「練習に集中したいのと、まだチームのことを把握していないので、取材にきちんと答えることが難しい」と理由を説明。関係者が質問を受け付けて間接的に答える方法を取ることになり、覚えた日本語については「ありがとう。よろしく。もしもし。元気です!」と回答した。

 この日は金沢との天皇杯3回戦(12日・石川西部)を控えるチームメートと非公開で練習し、ポドルスキと新加入の元日本代表FWハーフナー・マイク(30)は同大会4回戦(9月20日)まで出場できないことが判明。4回戦までの選手登録が4月に終了しているためで、10月25日の準々決勝以降は出場が可能になる。

最終更新:7/11(火) 5:17
スポーツ報知