ここから本文です

豊ノ島、2年ぶり名古屋場所で初白星「来年は締め込みで戻って来られるよう」

7/11(火) 15:15配信

デイリースポーツ

 「大相撲名古屋場所3日目」(11日、愛知県体育館)

 元関脇で東幕下28枚目の豊ノ島(34)=時津風=が彩(錣山)を下し、初白星。鋭い踏み込みから土俵際に一気。引きにも耐えて手をめいっぱい伸ばして押し切った。

 初日黒星スタートしたが硬さもほぐれ、出足が良かった。「前に出てたので(引きを)食っていたとしても悔いは残らない。足が付いていった感じ」と納得顔で振り返った。大歓声に「応えられて良かった」と安どした。

 昨年の名古屋場所前に左アキレス鍵を断裂。2場所連続休場し十両も陥落した。故障の影響で満足いく稽古が積めず、2場所負け越し、幕下5場所目と苦しい土俵が続く。

 2年ぶり名古屋場所を実感したのは風呂場。「シャワーになっていた。今年からかと思ったら去年から。そういや去年出ていないと思った」。

 現役続行へ一番一番の結果は大きい。「今年は黒まわし(幕下以下)だけど、来年は締め込み(関取)で戻って来られるように頑張ります」と気持ちを高めた。