ここから本文です

「筋肉芸人目指す」とにかく明るい安村、16キロの減量成功でずっと安心

7/11(火) 20:10配信

お笑いナタリー

映画「ビニー/信じる男」の応援隊長を務めるとにかく明るい安村が16キロの減量を成功させた。

【写真】「ビニー/信じる男」(他11枚)

交通事故で瀕死の重傷を負ったボクサー、ビニー・パジェンサの実話をマーティン・スコセッシ製作総指揮のもと映画化した本作。安村は応援隊長就任後、主人公のビニー・パジェンサを演じたマイルズ・テラーの役作りと同じくマイナス13キロを目標に減量を始め、テレビやイベントなどでトレードマークの海パンが隠れないほどの痩せっぷりが注目されてきた。

本日7月11日のお披露目イベントにて体重を計測すると過酷なトレーニングと食事制限の甲斐あって、93.1キロから目標を大幅に上回る77.0キロをマーク。「家族でご飯を食べに行っても僕だけ食べないから子供から心配された」と約2カ月にわたった減量期間を回想すると共に、「よくこんなので生きてたと思いますよ」と2カ月前の等身大パネルをまじまじと見つめた。

イベント中には、常に海パンが見えているため穿いていないように見えるはずの全裸ポーズが成立しないことを改めて確認する場面も。MCから「ずっと安心してましたよ!」とツッコミを入れられた安村は「営業でも、子供たちから『見えてる、見えてる!』って言われる」と苦笑いする。全裸ポーズに代わる新ネタは、作品にちなんだ「普段の生活がボクシングっぽくなってしまうポーズ」。安村は「これでハリウッドに殴り込みます」と意気込み、「トレーニングを続けて1年後、筋肉芸人を目指してがんばります!」と宣言した。

「ビニー/信じる男」は、7月21日(金)より東京・TOHOシネマズ シャンテほか全国でロードショー。

(c)BLEED FOR THIS, LLC 2016

最終更新:7/11(火) 20:10
お笑いナタリー