ここから本文です

<大相撲>「室外歩く時は履物を」ヒアリで力士らに注意喚起

7/11(火) 21:01配信

毎日新聞

 強い毒を持つ外来種ヒアリが愛知県内で発見されたことを受け、日本相撲協会は11日、名古屋市の県体育館で開催中の大相撲名古屋場所で、室外を歩く時は履物を履くよう力士らに注意喚起した。

 力士は取組や稽古(けいこ)を裸足で行い、裸足のままで外を歩くことも多い。協会は同日から支度部屋に「稽古場への行き帰りも裸足では行かず、履物を履いて行動」などと張り紙を出した。同協会の八角理事長(元横綱・北勝海)は「刺されないよう普段の生活から注意してほしい」と語った。【飯山太郎】

最終更新:7/12(水) 0:18
毎日新聞