ここから本文です

加藤綾子アナ フジ入社試験でセクシーポーズ 「本気で挑み」中止に

7/11(火) 12:30配信

スポニチアネックス

 フリーアナウンサーの加藤綾子(32)が10日深夜放送のフジテレビ「クジパン」(月~金曜深夜1・25)に出演。同局の入社試験でセクシーポーズを求められ、「スカートの裾をあげた」エピソードを語った。

 元同局アナで4代目「カトパン」を担当した加藤アナ。入社試験の話題になると「セクシーポーズをしてくださいって言われたの。セクシーポーズ…どうしよう、どうしようと思って。私、何を血迷ったかスカートの裾をあげたの」とスカートをまくり上げてしまった思い出を恥ずかしそうに回顧。加藤アナと同期の椿原慶子アナ(31)は「セクシー(ポーズ)だから見せた方がいいかなと思ったんだよね」とフォローを入れ、加藤アナは「膝上まで上げて、えへっ(笑顔)とかってやって」と当時を再現した。

 しかし、加藤アナは試験後、「ちょっとあれどうだったかな」と不安に。他の女性受験者にセクシーポーズの要求にどう対応したか尋ねるも、一様に「え?そんなの聞かれてないよ」と答えたといい「みんなに聞いてたんだけど、みんななくって」と振り返った。試験では加藤が女性のトップバッター。加藤によると「セクシーポーズ」は「一問一答」という課題のなかの一項目で、それまでは毎年行われていたという。

 後日、加藤アナが真相を人事に直撃したところ「まさかセクシーポーズしてくださいでスカートまくり上げると思わなくて」の回答。「それで上の方がセクハラとかで訴えられたら大変だからやめろっていって、そこで終わっちゃったの。そこからNGになっちゃったの」と「セクシーポーズ」の項目がセクハラなどの不祥事につながりかねないと判断され、中止に至ったことを明かした。

 先輩アナは「セクシーポーズ」の要求に「うなじを見せたり、ポーズをとったり」の対応。人事の想像を上回るセクシーポーズを披露してしまった加藤アナは「本気のセクシーを求めてると思って。本気で挑んじゃって」と若気の至りに苦笑いだった。