ここから本文です

67%効率で750Wを出力できるパワートランジスタ

7/11(火) 21:55配信

EDN Japan

■915MHz時に750W CWを提供

 NXPセミコンダクターズは2017年6月、50VシリコンLDMOSをベースにした、915MHzアプリケーション向けパワートランジスタ「MRF13750H」を発表した。同等製品に比べて50%高い750W出力を可能とし、産業用加熱機器や乾燥機器、硬化、材料溶接、粒子加速器などの産業、科学、医療アプリケーションに対応する。

 周波数範囲は700~1300MHzで、連続波(CW:Continuous Wave)とパルスで動作する。0~750Wのダイナミックレンジで電力制御を支援し、正確な周波数シフトを可能にした。50Vで動作し、915MHz時に67%の効率で750W CWを提供する。

 7.6×9.7cmの小型パレットで提供され、現在サンプルを出荷中。915MHz CWのレファレンス回路も提供しており、量産開始は2017年12月の予定だ。

最終更新:7/11(火) 21:55
EDN Japan