ここから本文です

蓮舫氏、国籍問題巡り戸籍開示の意向 都議選で責任論も

7/11(火) 21:52配信

朝日新聞デジタル

 民進党は11日、東京都議選の敗因を分析するため、党所属国会議員を対象にした意見聴取を始めた。人事刷新を求める声が相次いだほか、蓮舫代表の「二重国籍問題」への対応を求める意見も上がり、蓮舫氏は近く戸籍謄本を開示する意向を示した。聴取は18日まで続け、25日にも衆参両院議員懇談会を開き、総括案を示す方針だ。

 同党は都議選で告示前から2減の5議席にとどまり、前身の民主党時代を含めて過去最低となった。蓮舫氏は代表続投を表明する一方、地域ブロックごとに意見聴取して総括し、新執行部人事などを検討する考えを示している。

朝日新聞社