ここから本文です

アルコールを過剰摂取すると怪我をする可能性が高まる。筑波大学研究結果

7/11(火) 17:39配信

Impress Watch

 筑波大学医学医療系吉本尚講師らの研究グループは、短時間での多量飲酒(ビンジ飲酒)を経験している学生は、そうでない学生と比べてアルコール関連外傷の経験が高まることを多施設横断研究で明らかにしたと発表した。

 同グループは、3大学の2,177人の学生を対象に、アルコール過剰摂取とアルコール関連外傷の関連性を調査。その結果、年1回以上ビンジ飲酒を行なっていた学生は、そうでない学生と比べて過去1年間のアルコール関連外傷の経験が25.6倍であることがわかった。また、これは、アメリカ、ノルウェー、スペインの先行研究で報告されている3.9~8.9倍増という数値に比べ、極めて高い値となっていることもわかった。

 この結果を踏まえ同グループでは、未成年飲酒や急性アルコール中毒の教育のみでなく、ビンジ飲酒の教育も行なっていく必要があるとしている。

PC Watch,若杉 紀彦

最終更新:7/11(火) 17:39
Impress Watch