ここから本文です

不思議な打楽器「ハンドパン」を奏でるストリートミュージシャン 神秘的な音色が美しい

7/11(火) 21:18配信

ねとらぼ

 「ハンドパン」という楽器を使い、街中ですばらしい曲を奏でるミュージシャンの動画が話題です。どこかノスタルジックな音色に引き込まれます。

【画像】拍手に一礼する演奏者

 Hayato Yamadaさんが投稿した動画では、峯モトタカオさんがタライを逆さまにしたような形の楽器をリズミカルに叩き、思わずリラックスさせられる不思議なサウンドを演奏。それに感銘を受けた人たちがケースにお金を投入していき、動画の最後には拍手も見られました。

 ハンドパンは、2000年代にスイスで生まれた比較的新しい金属製の打楽器。バチなどを使わず手で叩くことによって、いわゆる「癒し系」ともいえるゆったりとした音色を奏でることから注目されています。

 演奏者の峯モトタカオさん(32歳)にうかがったところ、もともと組んでいたバンドの解散後YouTubeでハンドパンと出会い、その音色にすっかり魅了されたとのこと。1人でも続けていられる打楽器としてピッタリであったことや、本来癒し系の音楽が好きだったこともあって、今日までの3年間、楽しく続けられてきたとしています。ハンドパンの魅力は「音がすばらしくよいことの他に、誰でも簡単にはじめられること」と語っています。

 峯モトタカオさんはこれまで日本だけでなく台湾や香港、マレーシアにタイ、そしてバリやオーストラリア、ニュージーランドなど世界各国で演奏しており、現在は主に原宿、下北沢、吉祥寺などで活動中です。

画像提供:Hayato Yamada さん

最終更新:7/11(火) 21:18
ねとらぼ