ここから本文です

美術館で「ラップ・ミュージアム展」開催、初日は鎖グループのMCバトルも

7/11(火) 22:42配信

音楽ナタリー

ラップをアートフォームとして捉えた展覧会「ラップ・ミュージアム展」が8月11日から千葉・市原湖畔美術館で開催される。

【写真】リリック帳(提供:Shing02)(他2枚)

本展ではラップそのものの作りや構造に注目し、映像などで見せる「ART OF RAP」と、ラップの文化的実践を紹介する「RAP PRACTICE」の2つの軸をもとに展開。「ART OF RAP」では伊藤ガビンと大谷能生が制作するラップのリズム構造を可視化させた映像作品や、Mummy-D(RHYMESTER)、ANIとBose(スチャダラパー)、クボタタケシ、TwiGy、Kダブシャイン、Shing02らが実際に使用したリリック帳などが出展される予定だ。

一方の「RAP PRACTICE」ではラップが生んだグラフィックやパフォーマンスをフィーチャーするほか、地域コミュニティとラップの関係についてなど、コミュニケーションツールとしてのラップを紹介していく。

さらに展覧会初日にはオープニング記念MCバトル「ART OF RAP / RAP OF ART presented by 鎖 GROUP」が行われることも決定。およそ10名のラッパーが“アート”にまつわるお題でバトルを繰り広げる。なおMCはDARTHREIDER、審査員は市原湖畔美術館の館長である北川フラムらが務める。

ラップ・ミュージアム展
2017年8月11日(金・祝)~9月24日(日)千葉県 市原湖畔美術館
OPEN 10:00 / CLOSE 17:00(予定)
※毎週月曜は休館

最終更新:7/11(火) 22:42
音楽ナタリー