ここから本文です

ハム斎藤、大量失点がっくり 「大事な試合」だったが…

7/11(火) 22:06配信

朝日新聞デジタル

(11日、オリックス8―1日本ハム))

 日本ハムの斎藤佑樹が立ち上がりからつかまった。三回を終わって計10安打を浴び、7失点。四回はロメロにソロを許すと、この回を最後にマウンドを降りた。6月14日の中日戦以来の先発登板で「自分にとって、大事な試合になる」と話していたが、大量失点に「球が高く浮いてしまった」と肩を落とした。


 ●栗山監督(日) 「(斎藤の)ボールはよかったけど、チームの状態が悪いので、あいつががんばろうとしても流れが相手に行ってしまう。俺の責任」

 ●斎藤(日) 「チャンスをもらったのに、結果が出なくて悔しい」

朝日新聞社