ここから本文です

楽天が前半戦首位ターン確定、日本一の2013年以来

7/11(火) 22:51配信

朝日新聞デジタル

(11日、楽天5―4ソフトバンク)

 同点の九回2死一、二塁。楽天の銀次が打席へ向かう。マウンドにはソフトバンクの守護神サファテがいる。「振り負けない」。150キロ超の速球にファウルでついていき、3球目の151キロを右前へ意地の決勝適時打。楽天が日本一になった2013年以来となる前半戦首位ターンを決めた。

 前半戦の天王山だった。敵地に乗り込んでの首位攻防2連戦。先発には則本、岸とエース格2枚をそろえて臨んだ。だが、初戦を託した則本が三回までに4失点。「続けて失点するのは見たことがない。劣勢どころか、どうなるのかと思った」と梨田監督。だが、苦しい試合展開で全員が粘りを見せた。

 3点を追う七回。三好の二塁打を足がかりに1点を返す。2死二、三塁から4番ウィーラーの2点適時打で追いついた。救援陣もソフトバンクとは対照的に、高梨、福山が完璧に抑え、流れを渡さなかった。

 開幕から打線を引っ張っていた茂木を故障で欠いていた。そんな中、銀次は「自分たちの野球、攻める野球をやっていくだけ」と語っていた。4年前の日本一を知る5番打者が頼もしさを見せた。

 逆転勝ちでチームの貯金は今季最多の25に。梨田監督は言う。「0―4からよく耐えて勝てたのは大きい。(首位ターンは)関係ない。なんとか明日という気持ち」。前半戦の最終戦も勝って締めくくるつもりだ。(甲斐弘史)

朝日新聞社