ここから本文です

日本ハム 斎藤佑が炎上、三回までに10安打7失点

7/11(火) 18:56配信

デイリースポーツ

 「オリックス-日本ハム」(11日、京セラドーム大阪)

 日本ハムは今季2勝目を目指す斎藤佑が先発。初回に先頭・駿太に右線二塁打を許すと、1死三塁からロメロの左前適時打で1点を先制された。

【写真】マー君vs斎藤佑、笑顔の終戦だった理由とは…

 斎藤佑は二回も1死からT-岡田、小島に連打を許し一、三塁とされると、次の若月の投ゴロを自らの悪送球で1失点。さらに駿太の右線適時三塁打で2走者が帰り、この回3点を追加された。

 さらに三回には1死からマレーロの中越え二塁打と続くT-岡田の右前適時打で5点目。なおも2死二、三塁とされると、駿太に中越え2点三塁打を浴びて、この回まで10安打7失点と打ち込まれた。

 三回を投げ終えてベンチに戻った斎藤佑は、座った姿勢で後頭部を後ろの壁にぶつけて自らを責めていた。

スポーツナビ 野球情報