ここから本文です

組幹部に市民の住所教える=水戸市職員ら逮捕―茨城県警

7/11(火) 19:00配信

時事通信

 職務上知った市民の住所を暴力団組員に教えたとして、茨城県警水戸署は11日、地方公務員法違反容疑で、水戸市生活福祉課課長補佐の岩谷勉(45)=同市城東=、同課係長の本沢佑司(35)=同市元吉田町=、指定暴力団山口組系組幹部の田崎伸一(41)=同市吉沢町=各容疑者を逮捕した。

 いずれも容疑を認めているという。

 逮捕容疑は3月、田崎容疑者が生活福祉課を訪れ、トラブルになっていた水戸市の男性の住所を教えるよう要求。岩谷容疑者の指示で本沢容疑者が、男性宅に田崎容疑者を案内した疑い。

 同署によると、男性は女性をめぐって田崎容疑者とトラブルになり、和解金を要求されていた。男性が引っ越して連絡が取れなくなったため、男性が生活保護受給者であることを知った田崎容疑者が、担当する生活福祉課に情報提供を求めた。

 岩谷、本沢両容疑者と田崎容疑者に面識はなかったといい、組員であることは知らなかったとみられる。

 高橋靖水戸市長の話 市民の信頼を損ね、深くおわびする。厳正に対処し、再発防止と信頼回復に努力する。 

最終更新:7/11(火) 19:06
時事通信