ここから本文です

とにかく明るい安村 2カ月で16キロ減量成功も全裸ネタできず「芸風変えなきゃ」

7/11(火) 15:45配信

スポニチアネックス

 お笑い芸人のとにかく明るい安村(35)が11日、都内で行われた米映画「ビニー 信じる男」(21日公開)のイベントに出演した。

 安村は4月27日の同作のイベントで、半年で9キロの減量に成功した映画の主人公で実在したボクサー・ビニーにならい、当時93・1キロだった体重を80キロに落とすと宣言。この日は筋肉質とまではいかないものの、明らかにぜい肉が落ち、体重を量ったところ77・0キロ。想定以上の成果に「体は軽いし、代謝が良くなったのか肌もきれいになった。安新してください、やせましたよ」と大喜びだ。

 この2カ月余り、炭水化物を摂らずに鶏の胸肉中心の食生活を送り、スクワットを中心として筋トレを欠かさなかった。レイザーラモンHG(40)やなかやまきんに君(38)ら先輩の筋肉芸人にもアドバイスをもらったそうで、「(元の体重に)戻るのはもったいないので、芸風も変えなきゃ。今日、近くのジムにも入会したので、1年後にはムキムキになっていますよ」と豪語した。

 念のために、全裸に見えるポーズネタをやってみたが、見事にパンツが見えてしまい「最近、子供たちにも“見えている”と言われる」と苦笑い。代わりに、映画に絡めた新ネタ「ボクシングをやっていないのに、やっているように見えるポーズ」を披露したが、笑いは起こらずギャグも“減量”気味。それでも、「前もコンビを解散した後に全裸ポーズができたし、悪いことばかりじゃないと思う。何か新しいものが生まれるでしょう」と前向きにとらえていた。