ここから本文です

YOSHIKI、痛み止め服用で手術後初ライブ…完全復活は「年内」

7/11(火) 19:45配信

デイリースポーツ

 人気バンド「X JAPAN」が11日、大阪城ホールで世界ツアーの日本公演をスタートさせた。開演に先立ち取材に応じたYOSHIKI(年齢非公表)は、5月に受けた首の手術からの完全復活について「早ければ年内に」とめどを明らかにした。

 黒い上下の衣装に、首を保護する黒いレザーのサポーターを巻いて登場したYOSHIKI。今回は「頸椎椎間孔狭窄症(けいついついかんこうきょうさくしょう)」のため5月16日に人工椎間板置換手術を受けて以来、初めてのライブパフォーマンスで、同バンド史上初の全編アコースティックとなる。自身はドラムではなくピアノで参加するが「(鍵盤の)どの音をたたいても痛い。地獄です」と現在の症状を表現した。痛み止めを服用してのライブとなるが「激しい動きも、調子に乗ってしまわないようにしないと」という程だ。

 それでも、アーティストとしての使命は失せることはなく「手術を受けた時、主治医と『年内に』と話していた。年内に向けて、ドラムは2~3カ月で触るようにしないと」と自らを奮い立たせた。「昔のような無謀なたたき方ではなくても、近づけるように」と話し、すでに「(トレーニング用)バイクもこいでます」と、体力作りもスタートしている模様。

 大阪公演にあたって、食べたいものを聞かれると「『かに道楽』がいいです。でっかい看板がありますよね。行きたいです」と、意外にもカニ好きであることを明かしていた。

 公演は12日に大阪城ホール、14~17日は横浜アリーナで行われる。