ここから本文です

阪神 猛攻止まらず五回に5点を追加 メッセンジャーも適時二塁打

7/11(火) 20:13配信

デイリースポーツ

 「阪神-中日」(11日、倉敷マスカットスタジアム)

 阪神が4点リードの五回、ドラフト1位・大山(白鴎大)の2点適時二塁打などで5点を追加した。

 この回、先頭の福留が中前打で出塁。中谷は右翼線を破る二塁打で、無死二、三塁の好機を作った。ここで打席に大山。2ボールから3球目、内角高め142キロの直球を狙った。痛烈なライナー性の打球は左翼フェンスに直撃。二走・中谷も悠々とホームに生還した。

 この日は「6番・一塁」で、6度目のスタメン出場。2戦ぶり安打、5戦ぶり打点となった。また梅野の左前適時打、メッセンジャーの左中間を破る適時二塁打で続く。さらに上本が左中間に適時二塁打。この日4安打目となる一打で、この回5点を奪ってリードを広げた。

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合8/20(日) 21:25