ここから本文です

NGT荻野由佳がホリプロ所属へ オリジナルメンバーで初移籍…苦労の末に総選挙5位

7/11(火) 22:42配信

デイリースポーツ

 アイドルグループ・NGT48のメンバーで、6月に開票が行われた第9回AKB48グループ選抜総選挙で5位に入った荻野由佳(18)が、大手芸能事務所のホリプロに移籍することが11日、動画配信「SHOWROOM」で発表された。NGTのオリジナルメンバーは全員、AKBグループの運営会社であるAKSに所属しており、荻野が初の事務所移籍となる。

【写真】指原が持論…AKBグループには「ブス必要」

 荻野は午後10時に配信を開始したSHOWROOMで、ホリプロの執行役員からの手紙を受け取った。手紙には、これまでの苦労や躍進を受け、ホリプロ所属への正式オファーする旨が書かれており、荻野は「えーっ!」と絶叫。「どうしよう、どうしよう…」と慌てふためいた結果、「ホリプロさんに所属させていただくことになりました!」と宣言した。

 荻野は今年の選抜総選挙で、昨年の95位から5位に急浮上。5月31日に発表された速報では歴代最多得票で1位となるなど、“シンデレラガール”として一躍、全国的な注目を集めた。

 また、AKBのオーディションでは13、14期と不合格。15期生オーディションで仮研究生になったが正規メンバーには昇格できず、14年9月から15年2月までは「バイトAKB」として活動した。契約満了後も夢を諦めず、15年の「第2回ドラフト会議」の2巡目でNGTから指名された苦労人でもある。

 ホリプロには現在、AKB48・宮崎美穂(23)ら、同グループの現役メンバーが3人所属。OGでは、元祖「神7」にも数えられた板野友美(26)も所属している。