ここから本文です

ヤクルト奥村がプロ初安打 人的補償で巨人から移籍「菅野さんから打ちたい」実現

7/11(火) 22:44配信

デイリースポーツ

 「巨人2-0ヤクルト」(11日、東京ドーム)

 ヤクルトは菅野を打ち崩せず、今季8度目の完封負け。引き分けを挟み9連敗で借金は23に膨らんだ。今季初先発の4年目内野手・奥村が古巣からプロ初安打をマークした。

 有言実行だった。「8番・遊撃」で今季初先発した奥村は二回2死走者なし。先発・菅野の初球を左前にはじき返すと、一塁上で「ヨッシャー」とガッツポーズ。トレードマークの笑顔がはじけた。

 2013年ドラフトで巨人に入団。相川の人的補償で2015年の1月に巨人からヤクルトに移籍した。試合前は「移籍した時に菅野さんから初ヒットを打ちたいと言っていたので、チャンスが回ってきた」と意気込んでいた。

 二回の守備についた際は二遊間を組む山田とがっちり握手を交わし、「『おめでとう。これからやな』と声をかけてもらいました。毎年(目標として)言ってきたプロ初安打。とりあえずうれしいです」と喜んだ。

スポーツナビ 野球情報