ここから本文です

菅野、危なげなく連勝=後半巻き返しへ気合-プロ野球・巨人

7/11(火) 22:19配信

時事通信

 7回まで危なげなく無失点。リーグトップの9勝目を挙げた巨人の菅野は「疲れたけど、いい投球ができた」。前半戦最後の登板を白星で飾り、満足そうに振り返った。

 ヤクルト打線を散発5安打と手玉に取った。ただ一度、先頭を出した六回も山田をカットボール、バレンティンをスライダーで連続三振。坂口も三ゴロに仕留め、「あそこが分岐点だった」。

 二塁を踏ませたのは一回だけ。ファウルで粘られ球数がかさんだが、「打たせようと思ったけど、なかなか前に飛ばなかった」と自身の球威に胸を張った。

 前回の中4日に続いて、中5日の登板で連勝。高橋監督は「変則的な間隔の中、しっかり投げてくれて言うことがない」と脱帽。エースの快投で、球宴前の3カード連続勝ち越しも決まった。

 前半戦だけで昨年の勝ち星に並んだが、「まだまだ勝ち続けたい」と満足はしていない。「巻き返す余地はあると信じている」。チームは5位に低迷しているが、後半戦に向け、気合を入れ直した。

最終更新:7/11(火) 22:24
時事通信