ここから本文です

ビーナス、ムグルサが4強=ジョコビッチは8強―ウィンブルドンテニス

7/11(火) 22:53配信

時事通信

 【ウィンブルドン(英国)時事】テニスのウィンブルドン選手権第8日は11日、ロンドン郊外のオールイングランド・クラブで行われ、女子シングルス準々決勝で、第10シードのビーナス・ウィリアムズ(米国)が、全仏オープンを制した第13シードのエレナ・オスタペンコ(ラトビア)を6―3、7―5で下し、2年連続で準決勝に進んだ。

 第14シードのガルビニェ・ムグルサ(スペイン)が、第7シードのスベトラーナ・クズネツォワ(ロシア)を6―3、6―4で破って2年ぶりの準決勝に進んだ。

 男子シングルス4回戦では、第2シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)がアドリアン・マナリノ(フランス)を6―2、7―6、6―4で下し、2年ぶりに8強入りした。 

最終更新:7/12(水) 0:21
時事通信