ここから本文です

【清水】小林監督、天皇杯で対戦いわきは「“小湘南”みたい」

7/11(火) 16:55配信

スポーツ報知

 J1清水エスパルスは12日に天皇杯3回戦で福島1部・いわきFCと対戦(アイスタ、午後7時)する。11日は三保で非公開練習を実施。フィジカルに優れる相手に対し、小林伸二監督(56)は連係と技術で対抗する考えを示した。

 7部相当のいわきは、2回戦でJ1の札幌を延長の末に5―2で撃破。スポーツブランド「アンダーアーマー」を展開するドーム社が後押ししており、トレーニング施設は国内でも指折り。鍛え上げた身体を存分に生かしてくることが予想される。

 小林監督は「“小湘南”みたい。一生懸命にぶつかってくる。延長戦でも馬力がある」とJ2湘南を例えに出して警戒を強めつつも、「サッカーで対抗します」とキッパリ。“肉弾戦”ではなく、華麗なパスワークで翻弄する構えだ。

 次のリーグ戦(29日、横浜M戦)まで日程に余裕があるため、基本的に主力を投入する方針。ボランチのMF竹内は「頭を使う所とバチバチ行く所と使い分けたい」とニヤリ。8日のリーグ戦対G大阪戦で老かいな動きでスペースやタメを作り、指揮官の評価を急上昇させているFW長谷川も「自分たちでボールを動かしたい」と語った。J1のプライドにかけて、新鋭クラブを撃破する。

最終更新:7/11(火) 18:24
スポーツ報知