ここから本文です

とにかく明るい安村“激ヤセ”16キロ減 パンツ隠れず“裸芸”ピンチに

7/11(火) 16:59配信

スポーツ報知

 「全裸に見えるポーズ」で人気のお笑い芸人・とにかく明るい安村(35)が11日、都内で映画「ビニー/信じる男」(ベン・ヤンガー監督、21日公開)のPRイベントに出席し、体重16キロのダイエットに成功したことを明かした。

 同作品の応援隊長に就任した安村は4月末、ボクシング映画の主人公を演じたマイルズ・テラー(30)が13キロ減量して撮影したことにちなみ、2か月間で13キロのダイエットを宣言。5月4日から個人トレーナーの下、本格的な筋トレや、炭水化物を断ち鶏の胸肉と野菜だけを食べる生活を続け、この日を迎えた。体重を計測すると当初の93・1キロから、予告を3キロ上回る77キロに激減していた。ほっそりした顔にすっきりした腹回り。減量前の等身大のパネルを眺め「こんなに醜い身体をしていたんだ」と毒づき、ボディビルダー風の決めポーズを繰り返した。「肌もきれいになったし、着られる服も増えた」と満足げだった。

 だが、今回のダイエット成功の裏で、持ち味の裸芸がピンチに。太った身体を駆使して、履いてるパンツが見えそうで見えないポーズを取った後に、パッと正面を向き「安心して下さい。履いてますよ」と決め台詞を放つ芸でブレークしたが、やせすぎたことでパンツが隠れなくなってしまった。「大丈夫です」といって“四股ポーズ”を取ってみたが、ヒョウ柄の股間部分が丸見え。「確かに最近、営業行くと子供達に『見えてる!』『見えてる!』と言われる」と話し、先輩芸人からは「おもんなくなってるやん」と指摘されたことを明かした。

 新ネタとして、「普段の生活の中でボクシングのポーズになってしまう」という裸芸を披露。「F1レーサーのボクシングポーズ」と題し、おなじみのBGMに乗せ、ギアを入れる腕をボディアッパーのような動きに変えつつ「安心して下さい。ボクシングやってませんよ」とおなじみのポーズで決めたが、会場からは失笑が漏れるだけ。同様に他の2ポーズでも、爆笑は起きなかった。

 この日、「近所のジムに登録してきた」と、ダイエット続行宣言。さらに「筋肉芸人を目指す。1年後はムキムキになりたい」と野望を語り、「小島よしおさん、春日(俊彰)さん、庄司(智春)さんみたいになりたい」と“理想の筋肉芸人”を列挙した。

 昨年3月の自身の不倫騒動以来、「仕事が月1ペース」に激減したと語る安村。絶頂期は、1日に2~3本テレビ収録をしたことがあったというだけに深刻だ。妻とは「不倫報道翌日に仲直りした」と話し、今回のダイエットも2人で励み、妻は「5キロやせた」という。筋肉芸人枠が飽和状態の中、とにかく明るい活路を見いだせるか―。安村の進化が注目される。

最終更新:7/11(火) 18:24
スポーツ報知