ここから本文です

【日本ハム】斎藤、今季ワースト4回11安打8失点KO…ベースカバー行かず守備も精彩欠く

7/11(火) 19:57配信

スポーツ報知

◆オリックス―日本ハム(11日・京セラドーム大阪)

 日本ハムの斎藤佑樹投手(29)が11日のオリックス戦(京セラD)に先発し、4回を投げていずれも今季ワーストの11安打、8失点でKOされ今季2勝目はならなかった。

【写真】大城の一ゴロを中田が捕球。送球しようとするが、斎藤がカバーに入っておらず内野安打に

 先月14日の中日戦(ナゴヤD)以来今季5度目の1軍先発となった斎藤だったが、初回2死三塁、ロメロの左前安打で先制を許した。

 2回は1死から連打で一、三塁のピンチ。ここで若月の投ゴロを捕手へ悪送球。2失点となり、さらにピンチを広げた。続く駿太に2点適時三塁打を浴び、この回3失点。また2番・大城の一ゴロのベースカバーに行かないなど守備でも精彩を欠いた。

 3回には、駿太に2打席連続三塁打を許すなど4安打3失点。4回にはロメロにソロを浴び、序盤で大量失点した。前日の10日には「チームとっても自分にとっても大事。100パーセントこの試合に集中したい」と話していたが、勝利はならなかった。

最終更新:7/11(火) 20:37
スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/24(月) 11:10