ここから本文です

【福島】磐城農の唯一の2年生・人見が1失点完投「3年生と少しでも長く」

7/11(火) 22:01配信

スポーツ報知

◆全国高校野球選手権福島大会 ▽2回戦 磐城農2―1船引(11日・いわきグリーンスタジアム)

 磐城農は、エースのサイド右腕・人見温(のどか、2年)が、9回6安打1失点完投でチームを3回戦に導いた。

 部員13人中、唯一の2年生。1年生も2人だけで、3年生が10人を締める。昨冬に右肩を痛め、あまり投げ込みができなかった人見だが、時折オーバースローを見せるなど変幻自在の投球で、船引打線を翻弄。最少失点で最後まで投げ抜いた。

 今大会で敗退し、3年生が引退すると、部員は3人に激減してしまう。人見は「磐城農で野球ができるのは最後かもしれない。3年生と少しでも長くやりたい」と、さらに勝ち進むことに意欲を見せた。

 斎藤享平監督(41)は、「3回戦が過去最高なので、選手たちと『歴史を変えよう』と話している。少しでもアピールになれば」と、勝利が部員増につながることを願っていた。

最終更新:7/11(火) 22:07
スポーツ報知