ここから本文です

【セレクトセール当歳】「アドマイヤ軍団」近藤氏、ディープインパクト産駒の「イルーシヴウェーヴの2017」を史上2位の5億8000万円で落札

7/12(水) 6:03配信

スポーツ報知

 セレクトセール(日本競走馬協会主催)は11日、北海道苫小牧市のノーザンホースパークで2日目の当歳馬セールが行われた。「アドマイヤ」の冠名で知られる近藤利一氏が、日本のセール史上2位の5億8000万円(税抜き)でディープインパクト産駒の「イルーシヴウェーヴの2017」(牡)を落札。2日間合計で同セール史上最高の総額173億2700万円を売り上げる大盛況だった。

 会場内がざわめくなか、イルーシヴウェーヴの2017の値段は上がり続けた。1億円からスタートしたディープ産駒の牡馬のプライスは、3億円を超えると、1000万円単位で次々塗り替えられる。4億、5億…。それでも近藤利一氏と里見治氏の一騎打ちは止まらない。昨年の当歳セールでは2億8000万円で全兄を落とした里見氏の手は5億8000万円でストップ。ハンマーが振り落とされると、会場内からため息がもれた。

 落札額は、06年の当歳セールで6億円の値がついたディナシーに次ぐ史上2位。下見で目をつけていた近藤氏は「オーラがあって、どんなことがあっても欲しいと思っていた。相手は絞っていたが、誰であろうと欲しいと。5億か6億くらいと思っていたけど、興奮して金額が分からなくなったのが正直なところ」と、芝マイルG1の仏1000ギニーを制した名牝の子を無事に落札して、胸をなで下ろした。

 早ければ2年後にも友道厩舎からデビューを迎える。「初めて下見で見た時、動き、馬体が1頭だけ飛び抜けていると思った。すごく動きがスムーズで、賢そうな馬。すごく乗りやすいと思うし、2400メートルがバッチリ」と友道調教師は日本ダービーをはじめとする主要G1を意識する。

 競馬の難しさを知る近藤オーナーは冷静さを持ちつつ、期待を寄せた。「スターになってもらわないと困るし、スターになる要素がある。楽しみだけど、不安もある。ダービーを取るとか、凱旋門賞を取るとか大げさなことは今、考えていない。無事にデビューを迎えてほしい」。今年のヴィクトリアマイル(アドマイヤリード)で9年ぶりのG1の勲章を手にしたアドマイヤ軍団が再び進撃する。(橋本 樹理)

最終更新:7/12(水) 6:03
スポーツ報知

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ