ここから本文です

【福島】ふたば未来、創部3年目での夏初勝利はノーヒットノーラン…部員2人から出発

7/11(火) 22:38配信

スポーツ報知

◆全国高校野球選手権福島大会 ▽2回戦 ふたば未来学園3―0福島北(11日・いわきグリーンスタジアム)

 ふたば未来学園が、創部3年目で挙げた夏の大会初勝利はノーヒットノーランだった。創部当初は主将の遠藤和明中堅手と、エースの草野陸世(りくと)の1年生2人。3年生の集大成として臨んだこの日の初戦で、遠藤は2―0の7回にダメ押しの左前適時打を放つなど2安打1打点の活躍。サイド左腕の草野も無安打無得点試合で完投した。

 2015年から夏は2年連続初戦敗退と、なかなか結果を出せなかった。「つらいこともたくさんあったけど、勝てないのが一番つらかった。(草野と)2人で工夫して(練習を)やってきた」と遠藤。今年は初めて1~3年まで全学年計33選手がそろった。

 遠藤は「後悔しないように、3年間やってきたことをぶつけようと思った。3年目の夏に1勝できてうれしい」と笑顔。

 同校は東京電力福島第1原発の20~30キロに位置する広野町にあり、復興を支える人材育成などを目的としている。「(震災の影響で)休校になった学校や、避難している人たちの希望の光になりたい。地域の人に一生懸命やっている姿を見せて、少しでも喜んでもらいたい」と、さらなる躍進を誓った。

最終更新:7/11(火) 22:40
スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/26(水) 18:10