ここから本文です

生瀬勝久「共演者全員を全力でぶっ潰します!」 劇団☆新感線に初参加

7/11(火) 20:33配信

オリコン

 俳優の生瀬勝久が11日、都内で行われた『ONWARD presents 劇団☆新感線「髑髏城の七人」Season風 Produced by TBS』の製作発表イベントに出席した。

【写真】そっくり?自身の人形と隣同士の松ケン

 同作は1990年の初演以来、上演するたびに趣向を凝らして進化を遂げてきた同劇団の代表作。織田信長亡き後の戦国時代を舞台に、殺陣(たて)やアクションをふんだんに取り入れた、笑いあり涙ありの王道エンターテインメントとなっている。

 同劇団に初参加となる生瀬は、松山ケンイチ、向井理ら共演者を横目に「残るためにも共演者全員を全力でぶっ潰します! 喉を枯らしてもいいので役者生命をかけます」と声を大にして宣言。ただならぬやる気をにじませつつ、最後には「言うのは勝手ですから」と笑っていた。

 劇中で一人二役に挑戦する松山は、「古田(新太)さん、(市川)染五郎さんの一人二役は完ぺきでした。これ以上ないというところまで自分を追い込みたい」と気合十分。役柄になぞらえて、90万円を投じ、3Dプリンターで制作された“影武者人形”もお披露目し、共演者から「すごい似てる!」と絶賛されると、本人も「安心感がありますね」と、出来栄えに顔をほころばせていた。

 イベントにはそのほか、田中麗奈、橋本じゅん、山内圭哉、岸井ゆきのが出席。同舞台は、9月15日から11月3日まで東京・新豊洲のIHIステージアラウンド東京で上演される。

最終更新:7/11(火) 20:36
オリコン