ここから本文です

菅田将暉、広瀬すずの声にドキドキ「本当に美しい」

7/11(火) 13:59配信

オリコン

 女優の広瀬すず(19)、俳優の菅田将暉(24)が11日、都内で行われたアニメ映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』(8月18日公開)製作報告会見に出席。小悪魔要素のあるヒロイン・なずなの声を担当した広瀬は、菅田から「なずなの声が本当に美しい。久々にドキドキした」と絶賛され、「よかったです」と照れ笑いを浮かべた。

【写真】白のレースワンピで登場した広瀬すず

 中学1年生ながら大人びているなずなを演じた広瀬は、「色っぽいなっていう印象があって、そういった役柄が初めてなので一人ソワソワしていました」と緊張も。菅田は「色っぽいっていう意見もありますけれど、僕はどちらかと言うとエロいと思った。中学生くらいの男のほうが幼稚で女の子の方が大人な感じ、そのまんまで演じられた」と話した。

 同作は、岩井俊二監督(54)の傑作ドラマを劇場アニメ化。脚本は『モテキ』『バクマン。』の大根仁氏が担当し、“繰り返される夏の1日”の、恋の奇跡を描くラブストーリー。総監督は、社会現象化したアニメ『魔法少女まどか☆マギカ』の新房昭之氏が務める。

 会見には、広瀬、菅田のほか、宮野真守(34)、松たか子(40)、企画・プロデュースの川村元気氏(38)が出席。この日、全世界110の国と地域での配給決定(7月11日現在)が発表された。

最終更新:8/18(金) 12:52
オリコン