ここから本文です

龍真咲、宝塚男役から激変「渋谷に舞い降りた妖精」8・23初アルバム

7/12(水) 5:02配信

スポーツ報知

 昨年9月に宝塚歌劇を退団した元月組トップスター・龍真咲が、ファーストアルバム「L.O.T.C2017」を8月23日にビクターエンタテインメントから出すことが11日、分かった。プロデュースはSuperfly、JUJUなども担当した音楽制作集団「アゲハスプリングス」。宝塚ファン以外からも注目される「J―POP」となりそうだ。

 歌劇団時代から圧倒的な歌唱力でファンを魅了した龍の、満を持しての初アルバムだ。収録はタイトルの由来となる「LANDING on the CITY」を始め、オリジナル全7曲で、先日レコーディングを終えたばかり。「渋谷に舞い降りた妖精」をテーマにショートムービー的な構成だという。

 龍と4月中旬に初顔合わせした制作サイドは「ライブの強みを生かした音楽に」と多面的にイメージを含ませた。ジャケット写真も、早朝の渋谷を使っての撮影で、印象的なデザインに仕上がっている。

 退団から約1年。女優、歌手と肩書にとらわれない活動をしてきたが、本当の意味で「再生、覚醒の一年でした」と龍。初アルバムに関しては「一流の歌手を手掛けておられるだけに、とても刺激を受けた」といい、「宝塚時代は自分一人でやることも多かったのですが、今回のように身を任せてみるのもいい経験ですね」。

 このアルバムをひっさげて8月26、27日には東京・Bunkamuraオーチャードホールでコンサートを行うことも決まった。まさに渋谷でのステージに「私の中にある、さらにいろんな顔をお見せすることができれば」と意気込んでいる。

 ◆龍 真咲(りゅう・まさき)12月18日生まれ。大阪・東大阪市出身。宝塚歌劇団で2001年初舞台。中性的な魅力を持つ男役スターとして早くから注目され、12年月組トップ就任。14年劇団100周年記念公演では全5組を代表し、主演を務めた。愛称「まさお」。

最終更新:7/12(水) 5:02
スポーツ報知