ここから本文です

山P、7年ぶり「コード・ブルー」復活に感慨もアラサー女性陣からは“悲鳴” ガッキー「いろんなところで曲がり角」

7/12(水) 6:04配信

スポーツ報知

 歌手で俳優の山下智久(32)が11日、都内で、主演を務めるフジテレビ系連続ドラマ「コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~THE THIRD SEASON」(17日スタート、月曜・後9時、初回30分拡大)の記者発表に出席。新垣結衣(29)、戸田恵梨香(28)ら前作と同じ主要キャスト6人を含む11人が顔をそろえた。

 シーズン2から7年。“月9”枠で復活する人気シリーズ第3弾について、山下は「ひとりもメンバーが変わることなく、集まれたことを非常にうれしく思っています」と感慨深げ。2008年放送のシーズン1に比べ「みんなに余裕ができて、空き時間にリラックスしてしゃべれるようになった」と変化を実感した。

 だが、アラサーを迎えた女性キャストからは“悲鳴”も。前作から変わった点を聞かれた新垣は「体力的なところ」と即答。「20代前半と後半では全然違う。いろんなところで曲がり角だなと思った」とこぼした。戸田も「体の節々が痛い。膝関節がまず痛い。あと腰、下向いていることが多いので首」と“患部”を列挙。比嘉愛未(31)は「ナース(役)で、重い荷物を抱えて走るのがつらい」ため、体力作りのためにキックボクシングジムに通い始めたことを明かした。

最終更新:7/12(水) 6:04
スポーツ報知