ここから本文です

白鵬、正代に強烈右張り手で0秒7“秒殺”通算最多1047勝に弾み

7/12(水) 6:04配信

スポーツ報知

◆大相撲名古屋場所3日目 ○白鵬(突き落とし)正代●(11日・愛知県体育館)

 白鵬は春場所で敗れている正代を0秒7で“秒殺”した。右の張り手で相手を萎縮させて突き落とし。「今日はリベンジだと思わずにね。まだ始まったばかりだよ」。4横綱3大関で唯一、土つかず。残り8勝となった通算最多1047勝に弾みをつけた。

 朝はWBOライトフライ級王者の田中恒成(畑中)が朝稽古にまわしを締めて参加。「勝負の世界という感じ。迫力、土俵際の追撃、横綱の貫禄を感じた」と話す王者に「ついていけたのはうまさ、力強さを感じた」と感心していた。

最終更新:7/12(水) 6:04
スポーツ報知