ここから本文です

東京株、反落して始まる、日経平均7円安の20073円

7/11(火) 9:25配信

産経新聞

 11日午前の東京株式市場で、日経平均株価は反落して始まった。寄り付きは前日終値比7円12銭安の20073円86銭だった。前日の米株式市場が小幅に反落した流れを引き継ぎ、取引開始直後は売りが優勢となった。ただ、外国為替市場の円相場が円安に振れていることを受け、日経平均は一時、プラスに転じた。その後も目立った取引材料に乏しく、小幅な値動きにとどまっている。

 一方、東証株価指数(TOPIX)は、0・56ポイント高の1616・04で午前の取引が始まった。

最終更新:7/11(火) 9:25
産経新聞