ここから本文です

花咲徳栄、3年連続出場へ初戦で五回コールド発進/埼玉

7/11(火) 16:02配信

サンケイスポーツ

 全国高校野球選手権埼玉大会は11日、2回戦が行われ、市営大宮球場第2試合で、3年連続夏の甲子園を狙うAシードの花咲徳栄が越谷総合に11-1で五回コールド勝ちした。4番・西川愛也外野手(3年)の高校通算27号本塁打などの猛攻で11点を挙げ、先発右腕・斎藤倖介投手(2年)が四回まで抑え、五回は最速140キロの左腕・中山大陸投手(3年)が3人で退ける無失点リレーで終えた。

 初戦を終えた岩井監督は、「ウチは清水や綱脇といった3年生、斎藤(2年)と右(投手)が中心だが、きょうの中山を見ると先発できるメドが立った気がする」と左腕投手を含め層が厚くなったと分析した。

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/23(日) 16:55