ここから本文です

稀勢の里、苦しい2敗目 大相撲名古屋場所

7/11(火) 23:32配信

産経新聞

 不安を募らせる敗北だ。結びで稀勢の里が3つ目の金星を配給した。

 左から踏み込んだ立ち合いの当たりは悪くなかった。栃ノ心の体を起こしかけたが、二の矢が出ない。けがの影響か、左おっつけを効かせられず、簡単に右前まわしを許した。左下手もなかなか切れず、頭をつけられると腰高のまま後退。劣勢をはね返せないまま寄り切られた。

 土俵下で見届けた二所ノ関審判長(元大関若嶋津)は「万全じゃないよね」とみる。3日目を終え、黒星先行。稀勢の里は取組後、「明日しっかりやるだけ」と絞り出すように語ったが、なかなか光は見えてこない。

 八角理事長(元横綱北勝海)は「苦しい場所になるが、明日は勝つと思って続けていくしかない」と激励した。(藤原翔)

最終更新:7/11(火) 23:32
産経新聞