ここから本文です

市街地近くで繁殖する白くてはばたいているのは…誰ですか!?/秋田

7/11(火) 9:44配信

CNA秋田ケーブルテレビ

CNA秋田ケーブルテレビ

日本海へ注ぐ秋田運河。この運河にかかる臨海大橋近くの林には、木の上で動めく白いものが、たくさんいます。

その正体は…サギです。
ここはアオサギを主に、ダイサギやゴイサギなどが生息する「繁殖コロニー」。コロニーとは、同一または数種類の生物が集団で巣をつくり生活している場所のことです。秋田河川国道事務所による平成16年の調査では、およそ600の巣が確認されています。市街地の近くで、このように大きなコロニーができるのは珍しいと言われています。

水鳥の仲間であるサギにとっては、水辺でエサを捕獲しやすいこの場所が住み心地のよい環境なのです。

春から夏にかけてのこの時期、サギはコロニーで巣作りをし繁殖します。まもなくヒナがかえります。

CNA秋田ケーブルテレビ