ここから本文です

空路による訪マカオ旅客数が対前年1割増…17年1~5月累計

7/11(火) 10:44配信

マカオ新聞

 21世紀に入って以降、訪マカオ旅客数は右肩上がりの成長が続いており、近年では年間3000万人超に達している。

 マカオは一部が中国本土と陸続きとなっており、徒歩や自動車による往来が可能。また、三方を海で囲まれており、香港や広東省沿岸都市との間に高速船が就航している。陸路、海路が主要なアクセスであることに変わりはないが、昨今、マカオ国際空港のを使った空路の往来も活発化している。

 マカオ国際空港は1995年の開港。年間旅客数は開港20周年となる2015年に580万人、2016年には660万人と2年連続で過去最多を更新した。

 このほど、マカオ政府統計調査局が公表したデータによれば、今年(2017年)1~5月累計の空路経由による訪マカオ旅客数は前年同時期から9.6%増の107万人となり、1~4月累計の8.6%増を1.2ポイント上回った。

 空路でマカオを訪れる旅客は、陸路や海路と比較してマカオ滞在時間が長い傾向がある。今年1~5月累計のマカオでの宿泊を伴う旅客数は17.6%増の79.3万人で、空路旅客全体の74%を占めた。

 空路旅客の動向では、インドネシアとベトナムがそれぞれ8.8%、37.8%の下落となったが、その他の方面はすべて上昇。中でも、韓国が129%の大幅増、日本も12.3%増だった。

 空路旅客が増加している背景には、既存路線の増便や新規路線の開設が続いていること、燃油サーチャージの下落、航空会社による積極的なプロモーション展開による航空券価格の下落、目的地としてのマカオの知名度及び人気の上昇などがあるものとみられる。

 なお、マカオ国際空港の旅客キャパシティは年間600万人とされ、すでに限界状態となっており、目下、旅客ターミナルビルの拡張工事が進められている。

最終更新:7/11(火) 10:52
マカオ新聞