ここから本文です

全国的に厳しい暑さ続く 中国地方~東北で35℃以上も

7/11(火) 6:04配信

ウェザーマップ

 きょう11日も全国的に厳しい暑さとなり、中国地方から東北にかけて35℃以上の猛暑日となる所がある見込み。意識的に水分や塩分を補給するよう万全な熱中症対策が必要だ。

 きのう10日は、東北と関東の内陸部など全国38地点で気温が35℃以上となり、群馬・館林市では37.8℃を記録し、全国で最も高い気温となった。
 きょうも全国各地で気温が上がり、35℃以上の猛暑日になる所がある見込み。気象庁は、14府県や地域(八重山、宮古島、大東島地方を含む)に高温注意情報を発表し、熱中症に警戒するよう呼びかけている。

<きょうの主な地点の予想最高気温(午前5時発表)>
36℃ 豊岡(兵庫)
35℃ 山形、福島、熊谷(埼玉)、富山、鳥取など
34℃ さいたま、金沢、京都、宮崎など
33℃ 盛岡、水戸、前橋、大阪、松山など

九州北部 激しい雨のおそれ 土砂災害に注意

 気温が高くなる午後を中心に大気の状態が不安定となり、西日本から北日本にかけて局地的に雷雨となる見込み。大雨災害のあった九州北部でも、雷を伴った激しい雨の降るおそれがあり、地盤の緩んでいるところがあるため、土砂災害に注意が必要となる。

(気象予報士・中村美公)

最終更新:7/11(火) 6:07
ウェザーマップ