ここから本文です

iPhone、自動運転車……技術革新を読み違えた残念な「名経営者」たち

7/11(火) 8:10配信

BUSINESS INSIDER JAPAN

これからやってくる大きな変化を見抜くことは、そう簡単ではない。守るべきものが多い大企業にとっては、なおさらだ。

【画像】アメリカのビデオ・DVDレンタルチェーンBlockbusterは1990年代に大成功したが、2010年に破産を申請した。

調査会社CB Insightsは、破壊的イノベーションに取り合わなかったビジネスリーダーたちのエピソードをまとめた。

PCやストリーミングビデオを相手にしなかった例もある。これらは今となっては、明らかな間違いだ。また、リーダーが機会を見過ごしたことで、消滅してしまった企業もある。そして、彼らの「黙殺」が間違った判断だったのか、結論が出ていないものもある。

以下に、厳選した12のエピソードを紹介する。 CB Insightsのブログ(英語)では、33のエピソード全てを読むことができる。

(敬称略)

Blockbuster 元CEOジム・キーズ(Jim Keyes): ストリーミングビデオ

「RedBoxだろうがNetflixだろうが、競争相手として我々の視野には入っていない。ウォルマートやアップルなら相手になるが」

ビデオ・DVDレンタルチェーンBlockbusterのジム・キーズ元CEOは2008年、The Motley Foolにそう語った。Blockbusterは2010年に経営破たん。現在、Netflixの時価総額は619億3000万ドル(約6兆8700億円)。

マイクロソフト 元CEO スティーブ・バルマー(Steve Ballmer): 初代iPhone

「500ドル? 端末補助金が出る? プラン加入付きで? (iPhoneは)世界一高い電話だ」

報道によると、マイクロソフト元CEOスティーブ・バルマーは初代iPhoneについてそう語った。

「(iPhoneは)法人顧客を引きつけられない。キーボードがないなら、Eメールを使うのに不便だろう」

米任天堂 社長レジナルド・フィサメィ(Reginald Fils-Aime): モバイルゲーム

モバイルゲームは、「消費者から見れば使い捨てだ」とアメリカ任天堂のレジナルド・フィサメィ社長は2011年に述べた。

「ポケモンGo」の月間アクティブユーザー数は6500万人。彼の考えは変わったかのもしれない。

モトローラ 元CEO エドワード・ザンダー(Edward Zander): iPod

「iPod Nanoはがらくただ。iPod Nanoに何ができる? 誰が1000曲も聴きたがる?」

モトローラの元CEOエドワード・ザンダーは、2006年のカンファレンスで、アップルのiPod Nanoに関する質問にそう答えた。

当時、モトローラの製品「ROKR」に保存できたのは100曲。後にモトローラは、「彼はあのとき冗談を言ったのだ」とした。

1/3ページ