ここから本文です

鉄筋用小形棒鋼、17年度国内出荷765万トン 普電工予測4年ぶり増

7/11(火) 11:26配信

日刊産業新聞

 普通鋼電炉工業会(会長=明賀孝仁・合同製鉄社長)は10日、2017年度における鉄筋用小形棒鋼の国内向け出荷数量予測を公表した。それによると、17年度は前年度比2・1%増となる765万トンとし、4年ぶり前年度比プラスを見込むものの、15年度から3年連続での800万トン割れを想定している。

最終更新:7/11(火) 11:26
日刊産業新聞