ここから本文です

最旬! いま食べたいTOKYOグルメ麺

7/11(火) 20:40配信

ELLE ONLINE

和え麺、カスタマイズ麺、日本初上陸の麺……etc.

夏はいつにも増して麺が食べたくなる季節。エディターがおすすめする、フーディーのためのいま食べるべきグルメ麺をピックアップ。

「CITYSHOP NOODLE」のカスタムヌードル&デリ

昨年12月に東京・青山にオープンした「CITYSHOP NOODLE」は、麺にはじまりかえしやオイル、そしてトッピングまで、自分好みに“和え麺”をカスタマイズ出来る新感覚のデリ&グルメヌードル店。麺は小麦を原料としたものだけでなく、鎌倉の「邦栄堂製麺所」と共同開発したオリジナルのケール麺をはじめ、大豆や豆腐などを使用したものなど常時5種類が揃う。麺と和えるかえしとオイルは「シグネチャー醤油」や「オメガ3シーソルト」など7種がラインナップ。麺の上には肉や魚のメインデリ1品、サラダデリ2品、ハーブや豆などのトッピング2品を盛り付け、ワンプレートで提供する。ヘルシーでおいしいだけでなく、カスタマイズする楽しさも満喫できるのがうれしい!

CITYSHOP NOODLE
東京都渋谷区神宮前5-51-8 1F
http://www.cityshop.tokyo

「ヨヨナム」のたっぷり野菜のカリカリ和え麺

“パリにありそうなベトナム料理店”をコンセプトに、今年1月に代々木にオープンした「ヨヨナム」。ビストロ「アルルの食堂 urura」や「mimet」などの人気店をプロデュースしたヤマモトタロヲさんが手がけ、メニューは料理家の植松良枝さんが監修する。ベトナム料理をベースにしながらも、フレンチ風のアレンジが効いたメニューはどれも洗練された印象。なかでもランチで提供する「たっぷり野菜のカリカリ和え麺」(※ディナー時は要予約)は、さまざまな野菜やハーブ、ナッツなどがフォトジェニックにのせられ、新感覚のアジアン麺でおすすめ。ボリューミーに見えるけれど、ライムをキュッとしぼって爽やかに、さまざまな食感や風味を楽しめるのでペロリといけるおいしさ。

ヨヨナム
東京都渋谷区代々木5-66-4
03-6407-1545

「スガハラフォー」の牛肉のフォー

オーストラリアのワイナリーに勤めていた経験を持つ店主がセレクトした自然派ワインと、オリジナルのベトナム料理を楽しめる「スガハラフォー」。「牛肉のフォー」は、チキン系のだしが効いたクリアなスープに、ジューシーなローストビーフをのせた味わい深い品。食欲がないときもするするっといける、やさしい味わいにほっとする。トッピングのライムやパクチーなどをのせて、途中で味変するのもグッド!

スガハラ フォー
東京都目黒区大橋2-8-21
03-6407-0562

1/2ページ

最終更新:7/11(火) 20:40
ELLE ONLINE