ここから本文です

小学生が障がい者スポーツに挑戦

7/11(火) 20:22配信

テレビ高知

テレビ高知

高知市の小学校で障がい者スポーツの体験授業が開かれました。

体験授業は高知地方法務局などが2020年の東京オリンピック・パラリンピックにむけ障がい者スポーツについて広くしってもらおうと初月小学校で開きました。5・6年生およそ230人が参加し、パラリンピック正式種目にもなっている「ボッチャ」と呼ばれるスポーツに挑戦しました。「ボッチャ」は赤と青のチームに分かれ、白いボールに自分の色のボールを近づけたチームの勝ちという競技です。本来は車いすで行う競技ですが今回、子どもたちはいすに座ったり立ったりしてゲームを行い、座って競技する場合の難しさについて学んでいました。

学校は「実際に競技を体験したことで周りの人にも興味や関心を広げて欲しい」と話しています。

最終更新:7/11(火) 20:22
テレビ高知