ここから本文です

オーストリアGPで自身2勝目を挙げたボッタス「タイトル争いのことはまだ考えてもいない」

7/11(火) 12:15配信

motorsport.com 日本版

 メルセデスのバルテリ・ボッタスは、オーストリアGPで優勝。自身2勝目を挙げた。この勝利により、ボッタスはランキング首位のセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)に対して35ポイント差、チームメイトでランキング2位のルイス・ハミルトンに対して15ポイント差まで迫っている。

【写真】リカルドお得意の”シューイ”を頑なに拒否するボッタス

「メルセデスとの契約にサインして以来、それは常に目標だった」

 そう彼は言った。

「あんまり大きなことは言いたくない。でも、まだチャンピオンシップは序盤で、50%以上が残っている。まだ大量のポイントを獲ることができるんだ」

「このチームは、1レースごとに多くの開発を行っているし、1戦ごとに良くなっているように感じる。幾つかの不運があったとしてもね。でも、それは他のドライバーも同じだ。まだまだ1年は長いけど、確実にチャンピオンシップを争うことになるだろう」

 強気なボッタスだが、まだチャンピオン獲得は視野に入れておらず、1戦ごとに集中していくだけだと語る。

「あまり考えすぎないようにしたい。さっきも言った通り今年はまだ半分にも達していないし、考えたところで何の助けにもならない」

 そうボッタスは言う。

「タイトルを獲得するためには、毎レースを大事にしなきゃいけない。その週末を最大限に活用し、できる限り多くのポイントを獲得し、安定した成績を残さなければいけないんだ。そして勝てる時には、勝つ必要がある」

「タイトルを獲得するためにも、何も変わらない。レースごと、セッションごと、1周ごとに全力を尽くすだけだ」

 チーム代表のトト・ウルフは、ハミルトンがニコ・ロズベルグと組んでいた頃よりも、現在の方がチームをコントロールするのが簡単だと語る。

「我々はかつて、それに対処した」

 そうウルフは語った。

「ドライバー間の力関係が全く異なっていることを、忘れないでほしい」

「ルイスにとっては、セバスチャンではなくバルテリが(オーストリアの)レースに勝ったことは、最高の結果だった。しかし、シーズンはまだ半分も終わっていない」

「私の考えでは、ルイスは考え得る最大の不運に見舞われた。(アゼルバイジャンGP決勝での)ヘッドレストの件では、彼に失望させてしまった。今回はギヤボックスの件で彼に苦労をかけた。そしてこれからは反撃の時だ。次のシルバーストンから、そうなるといいね」

Adam Cooper